JA倉敷かさやについて

JA倉敷かさやの組織の概況についてご案内いたします。

概況

写真

JA倉敷かさやの概要

本店所在地 710-0807 岡山県倉敷市西阿知町1040-5
設立年月日 平成15年1月1日
管轄エリア 倉敷市(一部除く)、笠岡市、矢掛町
純資産総額 136億円(うち出資金 22億円)
役員数 常勤理事 3名(うち代表理事 2名)
非常勤理事 21名
常勤監事 1名
非常勤監事 5名
機構 2室・5部・16支店

経営理念・経営方針

経営理念

JA倉敷かさやは、「JA綱領」を基本理念とし、相互扶助という普遍の協同組合運動をつうじて、「食と農を結ぶ活力あるJAづくり」をめざします。
このため、次の事項に取組みます。

  1. 農業者のニーズと期待に応える地域農業の振興と消費者のニーズと期待に応える安全・安心な農畜産物の提供に取組みます。
  2. 時代に即応した魅力ある事業展開により、安心して暮らせる地域社会の実現に取組みます。
  3. 人と人とのつながりを大切にした協同組合としての組織づくり・万全な経営基盤づくりに取組みます。

経営方針

第32回岡山県JA大会の決議を受けての3ヵ年計画の大きな柱である「持続可能な岡山県農業の実現」、「豊かで暮らしやすい地域社会の実現」、「協同組合としての役割発揮」により『協同組合の力で農業と地域を豊かにする「次代へつなぐ協同」』をめざします。JAグループの自己改革において協議された、食と農を基軸とした地域に根ざした協同組合、農業者の所得増大と農業生産の拡大、地域の活性化に取り組むことが大切と考え、組合員、利用者及び地域の発展に取り組みます。

私たちが目指すもの

わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合運動の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。そして、地球的視野に立って環境変化を見通し、組織・事業・経営の革新を図ります。さらに、地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、より民主的で公正な社会の実現に努めます。

このため、わたしたちは次のことを通じ、農業と地域社会に根ざした組織としての社会的役割を誠実に果たします。

わたしたちは、

  1. 地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう。
  2. 環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう。
  3. JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現しよう。
  4. 自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めよう。
  5. 協同の理念を学び実践を通じて、共に生きがいを追求しよう。

ページの先頭へ