事業案内

JA倉敷かさやの主な事業内容をご案内いたします。

業務案内

指導事業

農業を支えてきた世代との世代交代が進み「人と農地」という農業生産基盤は大きく変わり、農業環境変化や新たな農政施策をふまえた、農業者及び後継者の育成と、集落機能を発揮する組織作りが急務になっています。

日本の伝統的な食文化が見直された世界遺産「和食」を次世代に向け守り伝え、海外の農産物に委ねることなく自給率向上に向け、地域に根ざした農産物の生産と農地の有効利用を行い、地域農業の発展を支える環境作りに取り組んでまいります。

「JA倉敷かさや営農振興計画」の実践により、地域で培われた基幹農産物を核として、マーケティングと販売力の強化により農家所得の増大につながる指導体制を充実させ産地・生産の維持、拡大を図り農業・地域を支える役割を明確にします。

信用事業

地域に密着した金融サービスやJAらしい総合事業の特性を活かして、事業・相談・審査・リスク管理体制を強化し、地域の資金ニーズに的確に対応する融資相談活動を積極的に進めます。更に組合員や地域住民との結びつきを強化するため年金友の会や各種サークル活動を充実し、地域密着型JAバンクの実現に向けて取り組みます。

共済事業

組合員、地域住民を取り巻く生活環境は、社会危険の多様化と頻発化がますます進行し、長期共済のみならず年金共済や各種短期共済を駆使した総合保障が望まれる時代。このために、組合員一人一人のライフスタイルに応じた保障の提供や多発傾向にある共済事故への適切な対応やきめ細かい相談活動の充実に努め組合員の生活設計に基づいた推進体制の確立と保全、事故処理体制を充実します。

購買事業

農業所得向上による農家経営を支え持続可能な農業の再生を図るためにも、多様な農産物生産にあたり営農指導と一体となった農業資材の提供を行っていきます。

共同購入や予約購買による規模効果を発揮し低コスト資材の斡旋と省力化肥料・大型規格農薬の普及に努めると共に、担い手・集落営農組織支援を継続し取扱の拡大を目指します。

TAC・営農経済渉外担当者の「出向く体制」による情報提供・提案型訪問とJAグリーンセンターでの営農相談機能の充実と選びやすく分かりやすい商品展示の店舗作り「出迎える体制」に取り組みます。

販売・保管事業

近年、食の安全を脅かす出来事が数多く起きています。消費者の信頼にこたえ、安全で安心な地場農産物を持続的・安定的に提供するため、各生産者組織と連携して確立された栽培技術に加え、より安全性を重視した生産、栽培指導の徹底によりイメージアップと消費拡大・販売力強化に努めます。

5ヵ所に設置した青空市店舗を地産地消運動の拠点として、消費者との交流と安全・安心な地場農産物のPR、販路の拡大を図ります。

また、笠岡営農センターでは、農業体験の場として、高設栽培苺ハウスでのいちご狩り実施により、消費者と産地とのつながりの強化を図ります。

加工・利用・有線放送

  1. 加工事業

    笠岡特産品のイチジクを使った「おしぐらんご」(ほしいちじく)農産加工品に取組み、各地の産物を使った加工品の開発と商品化を研究します。

  2. 利用事業

    ハウスリースによるナス・苺の施設園芸栽培により農家経営基盤を強固にします。

    ライスセンターでは乾燥機バーナーの更新により米・麦の高品質調製と調製労力軽減により栽培面積拡大と水田農地のフル活用に貢献します。

    葬祭事業は「想う心」「敬う心」「送る心」を大切にして利用者へやすらぎとご満足いただける事業をすすめて行きます。

  3. 有線放送

    矢掛地区の有線放送は地域・行政情報に加え営農生活情報や発生が予想される地震・火災・自然災害の防災の緊急情報提供手段とし、地域のコミュニティづくりのインフラの一翼を担う機能を発揮します。

ページの先頭へ