事業案内

JA倉敷かさやの主な事業内容をご案内いたします。

指導事業

事業方針

農業を支えてきた世代との世代交代が進み「人と農地」という農業生産基盤は大きく変わり、農業環境変化や新たな農政施策をふまえた、農業者及び後継者の育成と、集落機能を発揮する組織作りが急務になっています。

日本の伝統的な食文化が見直された世界遺産「和食」を次世代に向け守り伝え、海外の農産物に委ねることなく自給率向上に向け、地域に根ざした農産物の生産と農地の有効利用を行い、地域農業の発展を支える環境作りに取り組んでまいります。

「JA倉敷かさや営農振興計画」の実践により、地域で培われた基幹農産物を核として、マーケティングと販売力の強化により農家所得の増大につながる指導体制を充実させ産地・生産の維持、拡大を図り農業・地域を支える役割を明確にします。

事業実施計画

1.営農部門

①担い手

管内主要農産物の振興・強化を図り、担い手農家や集落営農組織に対しTAC(担い手相談員)を中心とした巡回訪問による営農相談・情報提供を行い、経営所得安定対策を活用し多様な用途・需要に対応した生産拡大への取り組み支援をすることで、意欲ある担い手を育成していきます。

また、地域農業生産基盤を支える組織作りのため、新たな農事組合法人の設立に向けた支援を行います。

②耕種部門

良食味で安全・安心な売れる米づくりをめざし、各品種の特性を活かすための栽培指導、高温障害回避対策を徹底して米の生産力の向上を図り、生産者自らも「食と環境を守る」意識を共有した米づくりに取り組みます。

また、国の水田フル活用と米政策の見直しによる、麦、大豆、飼料用米、WCS用稲、備蓄米への取り組みにより、水田の有効利用を図り水田農業を維持して行きます。

③園芸作物

花卉では、ラークスパーを中心としたクーラー育苗共同施設の活用により、労力の分散と通年出荷と園地の有効活用を図る生産性の向上を目指します。

また、季節商品として需要が見込まれる小菊栽培の生産拡大を図ります。

果樹では優良品目の新植、有望品種への改植による更新や転換を勧め、ぶどう、桃、イチジク、梨を中心に市場出荷だけでなく、JA直販・ギフト販売の拡大に取り組み、生産者手取りの向上を図り、果樹産地を維持していきます。

野菜では、倉敷地区のごぼう・レンコン・生姜、笠岡地区の茄子・いちご、矢掛地区のアスパラガス・リーキ等の特産品の生産振興を図ります。

2.生活部門

①JA女性組織の活性化

女性部活動、組織運営の検証を行い組織対策の課題を整理し部員の拡大、フレッシュミズ世代へつなぐ組織化の実践活動に取り組みます。

JAとの相互理解を深め、JA運営への女性参画のための実践活動に取り組みます。

JA組織基盤の強化を担う教育文化活動として家の光三誌(家の光・地上・ちゃぐりん)の普及に努めます。

②農業対策

安全・安心な農産物の生産、地産地消運動・食農教育活動など農と暮らしを支える運動に取組み、また加工場・料理教室の活用により地域農産物を使った加工品の開発・商品化にも取り組みます。

青空市への出荷・加工品販売・農協祭を初めとした各種催しへの参加により消費者との交流活動を展開します。

③健康管理活動の推進

健康についての各種研修会、学習会を実施し、健康意識の高揚に取り組みます。

健康教室と健康診断の実施により「ゆとり」「生きがい」のある健康増進活動の継続を行います。

ページの先頭へ