営農情報

JA倉敷かさやの営農情報をご案内いたします。

黒大豆 中耕培土のポイント

2017年7月10日 更新

●中耕・培土

矢掛営農センター 江田職員

雑草防除・倒伏防止・発根促進のため、開花初めまでに2回に分けて中耕・培土を実施しましょう。

(1)中耕・培土の時期

1回目:本葉2葉期頃(播種後20日前後)に初生葉節まで。

2回目:本葉5葉期頃(播種後30日前後)に第1本葉節まで

(2)中耕・培土の注意点

  • 8月上旬の開花初めには根域が広がっており、土寄せを行うと根を切ることがあるため、作業は7月中に終わらせます。
  • 時期は早いほうが、土寄せ部からの新根発生が良くなります。
  • 土寄せは地際からの高さが15 程度になるように行います。
  • 株元が凹んでいると倒伏しやすく、水が溜まることで病害の原因にもなるため、株元まで覆うように土寄せを行いましょう。
  • 排水性の向上のため、中耕・培土後は畝間の溝と排水溝をつなぎましょう。

ページの先頭へ