倉敷かさや 旬のニューストピックス

JA倉敷かさや管内の旬のニュースとトピックスをピックアップしてお知らせ。

旬のニューストピックス

倉敷市立連島東小学校

地元特産品を初めて収穫しました

更新:2016年8月10日

写真

初めての体験にワクワクしながら作業をしました

写真

収穫作業の前日に、ごぼう栽培などの説明を受けました

イラスト

ごぼう仙人
(農産物イメージキャラクター)

倉敷市立連島東小学校(倉敷市連島町連島)の3年生81人が、6月14日、連島地区のごぼう畑で連島ごぼうの抜き取りを体験しました。

以前から地元の小学生に農業について理解してもらうため、ごぼうの収穫体験を実施していたJAと、地元の特産品をもっと知りたいと願う小学校の想いが重なり、連島東小学校では、今回はじめての農業体験となりました。

「ごぼうがしっかり持てるまで土を掘って、真っすぐ抜いて」などのアドバイスを受けた後、児童たちはスコップで土をかき分け、両手で力いっぱい引っ張り、50㌢から1㍍ほどのごぼうを次々に抜いていきました。

長さを友達と比べたり、友達と協力しながら、時間を掛けて抜いたごぼうが大きいと歓声を上げて喜んだり、みんな泥んこになりながらも楽しくごぼうを収穫しました。

みんなが一生懸命抜いたごぼうは、大事に袋に入れてお土産として持ち帰り、残りは近くの農家で洗浄され学校の給食に出されました。

写真

洗ったごぼうは白くてきれいでした

写真

抜けたごぼうが大きくてビックリ

ページの先頭へ