倉敷かさや 旬のニューストピックス

JA倉敷かさや管内の旬のニュースとトピックスをピックアップしてお知らせ。

旬のニューストピックス

親と子のつどい ちゃぐりんフェスタ

親子で触れ合った夏の思い出

更新:2016年9月10日

写真

笠岡地区と矢掛地区の「ちゃぐりん」購読者対象による“親と子のつどい ちゃぐりんフェスタ”を8月4日、笠岡支店(笠岡市笠岡)の3階ホールで開催しました。

“ちゃぐりんフェスタ”は家の光協会発行の子ども向け雑誌「ちゃぐりん」購読家族を対象に毎年、かさや支部女性部とJAが企画しているイベントで、今回も約100人の参加者が集いました。

イベントでは「ちゃぐりん」を読んでの感想文を、参加者を代表して笠岡市立大島小学校6年の島本空くん、笠岡市立今井小学校6年の山下華凜さん、矢掛町立中川小学校3年の木山朱音さん、清水優花さんが発表し、千田専務理事より表彰されました。

続いて、女性部の皆さんが講師となって、知っているようで知らないお米のヒミツを芝居を交えながら説明したり、うちわに折り紙で模様を貼り付けて作るマイうちわ作りや、プニプニ感がかわいらしい多肉植物を鉢に植えつける鑑賞植物作りにも挑戦しました。子ども達はお家の人と一緒になって楽しく作業を頑張りました。

また、恒例行事になっているスイカ割りでは、参加した子ども達は周りの声を頼りに不安そうにスイカのところまで行き、元気にスイカをたたき見事スイカが割れると大喜びでとても貴重な体験ができました。

参加した子ども達は、手作りの作品とたくさんのお土産をもらい、親と子がしっかり触れ合うひと時が過ごせました。

今年も夏休みのよい思い出となるお手伝いができました。

写真

多肉植物を使った鑑賞植物作り皆さんけっこう真剣です

写真

折り紙を丁寧に折りながら自分好みのうちわを作りました

写真

お昼に女性部手作りのカレーを振る舞いおいしくいただきました

写真

毎年恒例!見事にスイカにヒット!歓声が上がりました

写真

お芝居をしながらお米のことを説明する女性部の大島部長

写真

表彰された左より清水さん、木山さん、山下さん、島本くん

写真

最後にスズムシを皆さんにプレゼント

写真

抽選で景品を選ぶ子ども達。参加した子ども全員に当たりました

ページの先頭へ