倉敷かさや 旬のニューストピックス

JA倉敷かさや管内の旬のニュースとトピックスをピックアップしてお知らせ。

旬のニューストピックス

8議案が原案通り承認されました

第15回 通常総代会開催

更新:2017年7月10日

ごぼうの日にあわせ盛大に出発式を行いました

原案通り承認されました

 第15回通常総代会を6月27日、総代435名(本人出席334名、代理人出席6名、書面議決95名)の出席のもと、笠岡支店3階ホールで開催しました。
 開会にあたり安藤組合長が「農協改革が問われる中、『農業者の所得増大』『農業生産の拡大』『地域の活性化』を基本目標として『食と農を基軸として地域に根ざした協同組合』に向け、県下JAグループで取り組んでいます。また、当組合では健全経営を維持するため、慎重審議した結果、支店統廃合が必要であるとの結論に至り、事業再構築計画を策定しました。この計画実施が、組合員皆さまのサービス低下にならないよう、十二分に配慮いたしますので、当組合の事業運営に対しましてより一層のご理解、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます」とあいさつをしました。
 続いて来賓を代表して、岡本裕也笠岡市副市長、武井道忠矢掛町副町長、岡本規利倉敷市役所農林水産課課長、川㟢信一郎農林中央金庫岡山支店長よりご祝辞を賜りました。

ご意見をいただいた総代の皆さん

議長には笠岡南地区の齋藤孝士総代が選任され、議事が進められました。

第1号議案では、平成28年度事業報告として主要な事業活動の内容、事業実績、代表監事による監査報告、剰余金処分等について、第2号議案では、平成29年度の事業計画の設定など第8号議案までの全議案が慎重に審議され、原案通り可決、承認されました。

また、1号議案と2号議案の審議では、総代の皆さまから貴重な質問やご意見をいただき、再度、地域に根ざした協同組合の気持ちを強く持った事業運営を目指す思いを強くした通常総代会となりました。

第15回通常総代会提出議案

第1号議案 平成28年度 事業報告及び剰余金処分案の承認について
第2号議案 平成29年度 事業計画の設定について
第3号議案 定款附属書役員選任規程及び定款附属書総代選挙規程の一部変更について
第4号議案 農地利用集積円滑化事業規程の一部変更について
第5号議案 農業経営受託規程の一部変更について
第6号議案 理事及び監事の報酬の決定について
第7号議案 退任理事に対する役員退職慰労金の支給について
第8号議案 全国農業協同組合連合会が行う農業経営事業に関する同意について

ページの先頭へ