倉敷かさや 旬のニューストピックス

JA倉敷かさや管内の旬のニュースとトピックスをピックアップしてお知らせ。

旬のニューストピックス

連島ごぼう出荷出発式

GIの知名度アップを目指しイベントでPR活動

更新:2018年06月11日

がんばろうコールを行なう生産者の皆さんら

 農林水産物のブランドを保護する国の「地理的表示保護制度(GI)」に、県内で唯一登録されている倉敷市の特産「連島ごぼう」が本格的な収穫期を迎えた5月10日、出荷出発式をJA連島集出荷場で行い、約3トンの「連島ごぼう」を積み込んだトラックが、岡山市場を中心に中四国の市場に向け出発しました。

 生産者や市場関係者ら約40人が出席し、開催にあたり東部出荷組合の石原祥男組合長が「GI登録後初めて本格出荷した2017年度は、ゴボウの単価がアップし“登録効果”が現れた年となりました。今後もGIブランドを大いに活用し、さらなる連島ごぼうのPRを進めていきたい」と意気込みを述べた後、今年度の順調な販売促進を祈念し、がんばろうコールやテープカットで出荷を祝いました。

連島ごぼうを積み込んだトラックが市場へ向け出発

 また、今年度は東部出荷組合が発足して30周年を迎える記念の年でもあります。GI登録は、一定の効果を見せているとはいえまだ知名度が十分高いとはいえないので、今後はイベント開催などで周知を図って、「食べておいしい、買って納得、連島ごぼう」を合言葉に頑張っていきます。

ページの先頭へ