自己改革の取り組み

自己改革の取り組みの内容についてお知らせいたします。

自己改革の実践報告

組合員の皆さんとともに

 JA倉敷かさやは、総合事業で組合員・地域に必要とされるJAであり続けるために、組合員・地域とともに一歩先のJAをめざし、「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」を基本目標とした自己改革に取り組んでいます。

 JA倉敷かさやの自己改革は、組合員の皆さんが積極的に組合の事業や活動に参加することで実現できます。

 今回、当JAのこれまでの自己改革の実践状況をご報告しますので、今後、ますますのご利用、ご参加をお願いします。

総合事業とは

  1. 農業を営む組合員を「正組合員」それ以外の組合員を「准組合員」と言います。

  2. JAは農業関連事業(営農指導・農産物販売・生産資材購買)だけでなく、葬祭やLPガス事業、貯金等を預かりそれを原資として貸し出しを行う信用事業、「ひと・いえ・くるま」の総合保障を提供する共済事業等、暮らし全般にわたる多くの事業から成り立つ「総合事業」を営んでいます。

  3. JAの事業は、農業者だけでなく、一般の地域住民に対しても生活に必要な機能として非常に重要な役割を果たしています。

ページの先頭へ