特産品

JA倉敷かさや管内の特産品をご案内いたします。

連島ごぼう

写真

西日本有数の産地となっており、品質面では全国トップクラスに位置し、「ミネラル栽培」の連島ごぼうとして中四国地域の市場に出荷しています。

土壌診断に基づく土づくりを十分に行い、土を活性化させることで、ごぼうのうまみ成分であるミネラル豊富な「連島ごぼう」は洗うと肌が白く、ごぼう特有のアクが少なく、肉質は柔らかで、甘みがあり、消費者から“とてもおいしいごぼう"として人気が高いのが特徴です。

品目名 ごぼう
品種名 魁早生
主な栽培地区 連島
栽培面積 1400a
年間出荷量 480t
情報 中四国地方でNo.1
栽培の特徴 砂地であり、トレンチャーで耕耘するため長いごぼうが出来る。
肌が白く、やわらかいのが特徴
ごぼうの日を制定するなどして、PRをおこなっている。

ごぼうの栽培・出荷の風景

写真

圃場を深耕している所です。ごぼうは地下深くまで伸びる為、「トレンチャー」という専用の機械で耕します。

写真

ごぼうをシーダーテープで播種した後、芽が出てきたのが左の写真です。品種は「さきがけ日本一早生」が主です。

写真

秋播き(10月頃播種)の場合、ごぼう(赤矢印)とホウレンソウを同じほ場で栽培し、限られた土地を効率的に使用しています。

写真

寒い冬に栽培する場合は写真のようにビニールを張って栽培します。そうすれば、4月からごぼうを出荷することができるのです。

写真

ごぼうが大きくなると水やりが大変です。そこで、ごぼうの株の上に散水管を通し、一気に灌水します。

写真

大きくなったら、さぁ抜き取りです。連島は高梁川の河川地跡であり、細かい砂のおかげで意外と簡単に抜けます。

写真

収穫したごぼうは各生産者の作業小屋に持ち帰り、葉やドロを落とします。

写真

このように少し洗ってやると、きれいな肌をした洗いごぼうの完成です。「連島ごぼう」はアクが少なく大変やわらかくて美味しいごぼうです。

写真

専用の袋に詰めて、等級別に選果した後、箱に詰めて出荷します。瀬戸内を始め、山陰、大阪方面へ出荷しています。

写真
写真

5年前に登場し、1月から3月に生産される、『新旬ごぼう』もやわらかくて美味しいですよ。

ページの先頭へ