特産品

JA倉敷かさや管内の特産品をご案内いたします。

いちご

いちごずきんちゃん おすすめの、“かさおか”の“いちご”をどーぞ。

写真

笠岡市では、昭和40年ごろからハウス栽培が導入され、品種は「宝交早生」が主流でした。その後、「とよのか」から現在の「紅ほっぺ」と「さがほのか」が栽培されています。

また、平成10年ごろから茂平地区や笠岡湾干拓地を中心に高設栽培が導入され、高品質で甘いいちごとして好評を得ています。

品目名 イチゴ
品種名 紅ほっぺ、さがほのか、ゆめのか
主な栽培地区 笠岡市内(陶山、大井、茂平、笠岡湾干拓)
栽培面積 120a
年間出荷量 約25t
情報 県下出荷量、面積ともに2位
岡山県で初めて高設栽培を導入した生産者がいる。
栽培の特徴 温暖で雨の少ない笠岡は、苺栽培に適している。栽培方法は、ハウス内での高設栽培が多い。ハウス栽培であるため、安定した収量が望める。
紅ほっぺは、収穫量が多く大粒で甘みが強いことから、子供に好まれています。
さがほのかは他の品種に比べ、早くから収穫でき、春先にかけて味がのってくるので、安定して長期出荷ができます。
ゆめのかは甘みが程よく酸味もありバランスのよい食味です。

ページの先頭へ