JA倉敷かさや女性部

女性部の活動をご紹介します。

活動報告

かさや支部通常総会・第1回女性大学

身体と心の栄養を満たす食事の大切さを学びました

かさや【笠岡・矢掛】

活動日:2018年04月27日

更新:2018年06月11日

食に関しての大切さを学びました

食に関しての大切さを学びました

 かさや支部女性部の通常総会並びに第1回女性大学が4月27日、笠岡支店3階ホールで開催されました。

 通常総会では、江原広一笠岡市農政水産課課長、武井道忠矢掛副町長、佃博志井笠農業普及指導センター所長、大角基男JA岡山中央会参事より、温かいご祝辞を賜りました。

 議事では、平成29年度活動報告並びに収支決算、平成30年度活動計画並びに収支予算、平成30年度部費の賦課並びに徴収方法の3議案が承認されました。また、女性部の活動紹介としてフラダンス教室と着付教室の皆さんによる実演があり、会場の皆さんを楽しませてくれました。

 通常総会に続いて第1回女性大学が開催され、講師にJA岡山厚生連の松岡由美子管理栄養士をお招きし「食と健康」と題して講演をしていただきました。

 松岡先生は、食生活の移り変わりから日本人が寿命を延ばしたこと、また、現代の食生活についてただ胃袋を膨らますだけの「エサ」的な食べ方や身体への栄養バランス以上に心の栄養を満たす「食事」の大切さを語られ、そこから高齢者の方に多い認知症の予防についても教えていただきました。

 最後に『食』べることは「人」を「良」くすること!認知症予防の3要素「運動」・「栄養」・「会話」から人とのつながりをもって、生きていて良かったと思える人生を送りましょう!とエールをいただきました。

JA岡山厚生連 松岡由美子氏

JA岡山厚生連 松岡由美子氏

フラダンス教室の皆さんが優雅なダンスを披露しました

フラダンス教室の皆さんが優雅なダンスを披露しました

着付教室の皆さんは手馴れた様子で帯を着付けていきました

着付教室の皆さんは手馴れた様子で帯を着付けていきました

ページの先頭へ