食育活動(農業体験・調理体験のご報告)

子どもたちが農業体験・調理体験を頑張りました!!

倉敷営農センター地域貢献活動

地元小学生に農業体験を行ないました

更新:2018年08月10日

楽しく収穫体験ができました

楽しく収穫体験ができました

 地域貢献活動の一環で、倉敷営農センターでは備南広域農業普及指導センターと協力して、地元の農産物をもっと知りたいと願う倉敷市立連島東小学校3年生児童(54人)に、「連島ごぼう」について農業体験を行ないました。

 6月7日、「連島ごぼう」の説明会を小学校で開き、栽培方法やゴボウの抜き方のコツなどの説明をしました。児童たちは、とても興味を持ち質問もたくさん出て、しっかり「連島ごぼう」の勉強ができました。

 8日にはゴボウの収穫体験を行い、「ゴボウがしっかり持てるまで土を掘って、真っ直ぐ上に抜いてください」と生産者からアドバイスを受け、児童たちはスコップで土をかき分け、両手で力いっぱい引っ張りますが、なかなか抜けません。しかし、コツを覚えると50センチから1メートルほどのゴボウを次々と抜いていきました。

 みんな泥んこになりながらも抜いたゴボウが長くて大きいと、歓声を上げて喜んだりして楽しく収穫体験ができました。

質問待ちする児童たち

友達と協力しての収穫作業

抜けたゴボウに喜ぶ児童

お申込み・お問い合わせは

【営農生活部】

〒710-0807 倉敷市西阿知町1040-5

086-460-4615

086-465-4616

ページの先頭へ