営農情報

JA倉敷かさやの営農情報をご案内いたします。

「里海米」のとりくみ

2018年11月09日 更新

図 認証ロゴマーク

 土壌改良資材として瀬戸内海のかきがら(セルカ)を利用し、生産された米を「里海米」としてブランド化。(図)かきがらを再利用する、循環環境保全型事業です。

●JA倉敷かさやでの取組み

対象品種(倉敷かさや)・栽培要件

 JA倉敷かさやでの対象品種はヒノヒカリ、朝日、にこまる、きぬむすめの4銘柄となります。

 また、栽培要件は(表)の資材を作付前までに規定量以上施用することです。

表 対象品種(倉敷かさや)・栽培要件

●肥料農薬注文書

 肥料・農薬予約注文書の土づくり資材欄では、のマークが目印です。

ページの先頭へ