JA倉敷かさやからのお知らせ

JA倉敷かさやからのお知らせと、更新情報のご案内です。

JA倉敷かさや 第4回合併検討委員会を開催

 県下JAの合併に関する事項に対して検討を行なうため、理事で構成する合併検討委員会(委員長:守屋映男理事)を11月21日に開催しました。今回の委員会では、基本的事項の確認と、8JA合併や自己改革の取り組みについて総代の方へ説明するための地区別の総代座談会の開催等について意見交換、協議を行ないました。

 地区別総代座談会については、12月13日から22日の間に総合支店単位で開催することを理事会で決定しました。

8JA合併について ~元気な農業 地域を支えるJAに~

 かつて旧市町村の単位よりも小さな地域ごとに構成されていたJAは、それぞれの地域のなかで農業を営む組合員はもとより、農業以外の地域の皆様に対し、インフラ機能としてその役割を担ってきました。

 『昭和から平成』にかわったとき、岡山県には115のJAがありましたが、今では“9つのJA”になっています。

 このように、我々JAは時代とともにその役割が担えるよう、広域で、そして大きな組織にかわりました。しかしながら、今日の農業・JAをとりまく環境は、政府が急速に進める“農協改革”をはじめ、農業従事者の高齢化、耕作放棄地の増加や担い手不足など、大きな変革の時期を迎えております。

 我々JAグループは、これからも組合員や地域の皆様に対し、その責任を果たし、岡山県の農業とこれまで築いてきたブランドを守り続けていかなければならないと考えています。

 そのためには、今こそJAの経営基盤を強化し、新たな体制を構築することが極めて重要と考えています。

 そのうえで、組合員、地域、そして役職員みんなが元気になる農業・地域の創造をめざし、事業を展開していきたいと考えています。

8JAの合併後の経営理念とめざす姿(ビジョン)
お申込み・お問い合わせは

【総務部】

〒710-0807 倉敷市西阿知町1040-5

086-460-4601

086-465-2616

ページの先頭へ