JA倉敷かさやからのお知らせ

JA倉敷かさやからのお知らせと、更新情報のご案内です。

新年のごあいさつ

新年のごあいさつ
倉敷かさや農業協同組合 代表理事組合長 三木 恭次

倉敷かさや農業協同組合
代表理事組合長
三木 恭次

 あけましておめでとうございます。

 組合員、地域の皆様には輝かしい新春をお迎えのこととお慶び申し上げます。
 旧年中は当JA事業全般にわたり特段のご理解とご協力を賜り心より深く感謝とお礼を申し上げます。
 さて昨年を振り返り一番印象的な出来事として、7月に起きました西日本豪雨があります。
 あらためまして被災された皆様には心からお見舞い申し上げますとともに一日も早い復興をお祈りいたします。当JAでも、災害翌日から被災された共済契約者のお宅を訪問し、迅速な共済査定や支払事務に努めましたが、自然の脅威を思い知る災害となりました。
 農業・JAを取り巻く環境は、農業就業人口の減少や高齢化・耕作放棄地の拡大・担い手不足など問題が山積し、かつてない厳しい状況にあります。
 このような中、JAグループ岡山では、昨年11月に第34回岡山県JA大会を開催し、「農業生産の拡大、農業者の所得増大」「地域の活性化」「組合員のアクティブ・メンバーシップの確立」を重点事項とし取り組んでいく事を確認しました。
 JA倉敷かさやといたしましても、組合員皆さまの幅広いニーズに応え、さらなる地域農業の発展を目指して創造的自己改革の実践に取り組んでいるところでございます。具体的には、オリジナル商品を開発し低価格商品として提案、各地域の特産品の有利販売の取り組み、各青空市でのイベント開催、そして役職員・担い手生産者との意見交換会を今後も積極的に行っていく所存であります。
 また、JA・農業を取り巻く環境が厳しい中で、今後も継続して組合員・利用者の皆さまにより良いサービスを提供し、JAの役割を発揮し続けるために、岡山県下8JAの合併(JA岡山を除く)について、2020年4月1日を合併予定日としてそれぞれの段階やJA内部での協議検討を進めております。この合併に関する進捗につきましては、広報誌等を通じて情報提供を行っていきます。
 本年も『食と農を基軸として地域に根ざした協同組合』として“「食」と「農」で皆んなワクワク楽しい店舗にしよう”をキャッチフレーズに役職員一丸となった事業活動を展開し地域に信頼され続けるJAの確立に取り組んでまいりますので、これまで同様ご支援・ご協力を賜ります様お願い申し上げます。
 結びに、迎えました新しい年が組合員、地域の皆様にとりまして希望に満ちた幸多い一年となりますようご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。

お申込み・お問い合わせは

【総務部】

〒710-0807 倉敷市西阿知町1040-5

086-460-4601

086-465-2616

ページの先頭へ