倉敷かさや 旬のニューストピックス

JA倉敷かさや管内の旬のニュースとトピックスをピックアップしてお知らせ。

旬のニューストピックス

西日本豪雨による当JAの被害状況と災害対応について

更新:2018年08月10日

矢掛宿場の青空市きらり

矢掛宿場の青空市きらり

 西日本豪雨により、被害にあわれた皆さまに対しまして心よりお見舞い申し上げます。

 今回の豪雨により、当組合の施設も数箇所で被害が発生しました。特に、矢掛西支店・矢掛宿場の青空市きらり・中川農業倉庫につきましては、青空市きらりの南側を流れる小田川の堤防が決壊し、土石流が直接流れ込み、高さ170センチまで浸水するとともに、多くの土砂等が堆積しました。

矢掛西支店内

矢掛西支店内

農業倉庫内

農業倉庫内

矢掛西支店北側 低温農業倉庫内

矢掛西支店北側 低温農業倉庫内

 これらの施設の現状ですが、矢掛西支店については、事務所内の土砂や機器の撤去はほぼ終了しましたが、ATMや端末機等の機器が全て水没し、使用できない状態です。支店業務については、矢掛支店に矢掛西支店の窓口を開設し、お客さまの対応を7月9日から行なっています。渉外担当職員も矢掛支店を拠点に活動を行なっています。

 矢掛宿場の青空市きらりでは、土砂の排出作業や機材の持ち出しは終了しました。

 施設自体にも大きな被害が発生しているため、全面的な再開は未定ですが8月5日から、きらり売り場内を内壁で仕切って仮営業を開始しました。

 平成29年産「産地直送米」の予約をされていますお客様へは、低温農業倉庫に保管していた玄米が浸水し、大量廃棄による在庫不足のため、8・9・10月の予約玄米は商品の代替え(矢掛・笠岡産ヒノヒカリ)で対応させていただきます。

 組合員・利用者・出荷会員の皆さまには、多大なご迷惑をお掛けしておりますが、役職員一丸となって再開に向けて取り組んでいますので、ご理解賜りますようよろしくお願い申し上げます。

ページの先頭へ