倉敷かさや 旬のニューストピックス

JA倉敷かさや管内の旬のニュースとトピックスをピックアップしてお知らせ。

旬のニューストピックス

第32回瀬戸内倉敷ツーデーマーチ

地域貢献活動で皆さまに喜ばれる活動

更新:2019年04月10日

倉敷青空市やさい畑も会場を盛り上げました

倉敷青空市やさい畑も会場を盛り上げました

第32回瀬戸内倉敷ツーデーマーチが3月9日、10日に倉敷市で開催されました。10日は悪天候の中、当JAから福田地区女性部と連島地区女性部、倉敷青空市やさい畑が地域貢献活動の一環で参加し、参加者の皆さんに喜んでいただけるよう会場を盛り上げました。

福田地区女性部が完歩した参加者へ甘酒を振る舞いました

福田地区女性部が完歩した参加者へ甘酒を振る舞いました

スタート・ゴール地点でもある倉敷市役所(倉敷市西中新田)に設けられたブースで、福田地区女性部手作りの甘酒を用意して、完歩した参加者の皆さんに「お帰りなさい。お疲れ様でした」と声をかけながら振る舞い、「美味しい甘酒をありがとう。疲れがとれました」と、とても喜ばれました。また、倉敷青空市やさい畑のブースでは、味噌汁の試飲やGI登録の連島ごぼうを特価で、また、特産物の連島れんこんやレンコンコロッケなどを販売して、全国各地から参加した皆さんにPRを兼ねたお土産を提供しました。

連島地区女性部は豚汁で参加者をねぎらいました

連島地区女性部は豚汁で参加者をねぎらいました

連島地区女性部はコース途中の倉敷市立連島西浦小学校(倉敷市連島町西之浦)で、地元特産のゴボウとレンコンを使った豚汁を振る舞いました。昼食の引渡し場所でもあり、皆さんに一息ついてもらい、特産物のおいしさを知ってもらいたい思いから毎年実施し、参加者の皆さんからは、たいへん喜ばれています。

瀬戸内倉敷ツーデーマーチは、自然と親しみながら体力づくり、健康づくり、心のふれあいを図りながら40キロ・30キロ・20キロ・10キロ・5キロのウォーキングコースを歩く倉敷市のスポーツイベントです。

ページの先頭へ