JA倉敷かさや女性部

女性部の活動をご紹介します。

活動報告

矢掛地区女性部

みんなで協力していちご大福をつくりました

かさや【矢掛】

活動日:2019年02月26日

更新:2019年04月10日

手際のよさにびっくり

手際のよさにびっくり

2月26日、矢掛地区女性部6名が先生となって、矢掛町立小田小学校の調理室で6年生児童18名といちご大福を作りました。

いちごにはビタミンCが豊富に含まれていて、中くらいのものなら5~6粒食べれば1日に必要なビタミンCを摂取できるのだそうです。多くの品種があるいちごですが、矢掛で主に栽培されているのは「さちのか」、「さがほのか」、「紅ほっぺ」などが作られていて、今回のいちご大福には「さちのか」を使いました。

児童は、いちごのヘタをとり、白あんで包んだものを大福の生地で包んでいく作業を体験しました。失敗することなく上手に手際よく包む児童らに女性部の用意する大福の生地が間に合わないくらいでした。

出来上がったいちご大福は1年生から5年生までの児童と先生方に届け、6年生児童は、この後の授業参観で保護者の方と一緒に食べたそうです。

いちごの赤みがみえるかわいい「いちご大福」ができあがりました

いちごの赤みがみえるかわいい「いちご大福」ができあがりました

ページの先頭へ