JA倉敷かさや女性部

女性部の活動をご紹介します。

活動報告

倉敷かさや女性部 健康のつどい

レインボー体操をしてみんな元気!

全体

活動日:2019年11月25日

更新:2020年01月10日

レインボー体操で身体を動かす会員の皆さん

レインボー体操で身体を動かす会員の皆さん

 JA倉敷かさや女性部が11月25日、令和元年度健康のつどいを笠岡支店3階ホールで開催しました。

 今回の健康のつどいはJA共済連の協力をいただき地域貢献活動の一環として、JA共済推奨のレインボー体操を考案した二村ヤソ子さんを講師にお招きし、レインボー体操の体験に女性部会員約300人が集まりました。

 レインボー体操は、昭和58年に二村先生がご自身の身体を痛めた際のリハビリ体験から生まれた体操で、やさしい動きで身体が温まり、血行がよくなることで酸素と栄養が身体の隅々まで届き若々しい身体づくりに効果があります。

 いつでも、どこでも、誰でもできる血液循環健康法の体操です。

レインボー体操考案者の二村ヤソ子先生

レインボー体操考案者の二村ヤソ子先生

 二村先生は「人間も動物。動物は動かないとダメ」とし「身体は動かさないでいると衰え、動かしすぎると痛みや故障が起きる。動かし方が大事で正しい身体の使い方を学んでください」と皆さんに呼びかけながら積極的に身体を動かされます。参加した皆さんも「身体が熱くなった」「動かしにくかったところが楽になった」などレインボー体操の効果に驚いていました。また、ヒザなどの関節が痛い方をステージに上げ、硬くなった筋肉を先生がマッサージすると痛みが楽になったので、大変喜ばれました。

 最後に二村先生から「食べたものは血となって栄養を送ります。血液が行かないと筋肉が硬くなり動きにくくなるので、バランスのとれた食事、十分な休養(睡眠・休息)、適度な運動で病気にならない身体をつくり健康的な生活を続けましょう」と励ましをいただきました。

ステージの上で先生のマッサージをうける会員さん

ステージの上で先生のマッサージをうける会員さん

JA共済連の協力で参加者に配られた防犯に役立つスティックライト

JA共済連の協力で参加者に配られた防犯に役立つスティックライト

ページの先頭へ